東京体育学会
HOME >> 研究会・学会大会 >> 東京体育学会 第10回学会大会 「今後の10年を見通す!」

東京体育学会 第10回学会大会 「今後の10年を見通す!」

東京体育学会 第10回学会大会

5621deba8a18b839c7a4321764bb05e81

東京体育学会10周年記念大会


テーマ:今後の10年を見通す!

会 長:深代千之(東京大学)

理事長:船渡和男(日本体育大学)

会 期:2019310日(日)

会 場:東大駒場キャンパスKOMCEE East K011

http://www.c.u-tokyo.ac.jp/zenki/news/kyoumu/file/2014/21komcee_east_map.pdf

 

プログラム

12:00 大会受付&ポスター掲示

12:30 開会式

12:4014:00 ポスター口頭説明

14:0015:00 ポスター発表

15:1516:30シンポジウム:今後の10年を見通す

 座長:角田直也(国士舘大学)

 シンポジスト:理系の立場から:平野裕一(法政大学)

 シンポジスト:文系の立場から:菊 幸一(筑波大学)

16:30  総会、表彰式 閉会式

17:0019:00 情報交換会

 

*東京体育学会は、これまでの「東京在住あるいは在勤」という制限をなくし、全国のどこからでも会員(会費¥1,500/年)となって研究発表ができるように規約が変更されました。多くの方の参加・発表をお待ちしております。

*演題受付期間:2018123日(月)〜2019年125日(金)、登録先:Tokyotaiiku@m2labo.com



一般研究発表申込要領


発表形式 :口頭発表(2分)+ポスター発表 (予定)

演題受付期間:2018年12月3日(月)~2019年1月25日(金)

演題申込先:Tokyotaiiku@m2labo.com

〒227-0033 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1221-1

日本体育大学 スポーツバイオメカニクス研究室内東京体育学会事務局

 

発表資格

(1)登壇発表者の資格は以下の条件のいずれかに該当する者とする。

①東京体育学会の会員

②学部学生(東京体育学会の非会員で構わない。但し、東京体育学会の会員である指導

教員が共同研究者であること。

※②の資格に関して2017年より新たに導入

(2)共同研究者に東京体育学会の会員以外の者を含む場合は必ず東京体育学会事務局に連絡し、その理由書を添付する(備考 2)。

 

発表申込様式

発表の申込は、原則として、電子メール(Tokyotaiiku@m2labo.com )で受け付けます。メールタイトルは、「東京体育学会10周年記念大会演題申込み」とし、下記(1)から(6)項目を、添付ファイル(テキスト形式またはマイクロソフトワード形式)にてご送付願います。((7)は学会大会当日に提出願います。)

(1)発表演題名

(2)発表者および共同研究者の氏名と所属(登壇発表者には○印を付ける)

(3)発表者が大学院生か否か(学部学生の場合には学部学生と記入)

(4)東京体育学賞、東京体育学奨励賞の審査希望の有無

(東京体育学賞ならびに東京体育学奨励賞(大学院生対象)の審査は、審査を希望される方のみを対象として行います。学部学生は審査対象外となります。また、審査希望の方には、原則として、翌年度の東京体育学研究への投稿をお願い致します。)

(5) 440 字以内の発表要旨

(6)連絡先住所、電話番号および電子メールアドレス

(7)発表者は、東京体育学研究に掲載するための抄録(備考 4)の原本 1 部とWordファイルの書き込まれた CD-R を大会当日に提出する。

 

備考

(1)非会員の共同研究者については、研究委員会で審査の上、共同研究者の可否を決定する。

(2)発表資格の(2)に該当する共同研究者は、大会当日1名につき1,000円を納付する。

(3)発表演題の採否決定は、発表要旨に基づいて研究委員会で行う。

(4)東京体育学研究に掲載する抄録の体裁は、①タイトル、②氏名、③所属、④キーワード、⑤本文(字数1200字以内の2段組みとし、A4サイズ1枚に収める。また、図表の挿入も可(カラー不可))とする。

(5)大会プログラムの編集上、発表要旨原稿に若干の字句修正をすることがある。

演題登録フォーマットはこちらから

東京体育学研究掲載抄録フォーマットはこちらから